premiumfabricセール

仕立てについて

体に合うということ

服を着たときの楽さは、いかに大きめの服を着るかで、タイトな服は着心地が悪いと思っていませんか?これは大きな間違いで、ぴったり体に合い、良い仕立てのものであればタイトなほうが着易いのです。
ポイントは肩と袖付けで、ここが良い服はタイトに着ても動きやすく、着易いのです。具体的には紙型とパットなどの副資材、それにいせ込みという縫製技術の問題です。いせ込みとは肩線と袖付けで使われる技術で生地をアイロンで縮めて、長さの違う部位をある意味無理に縫い合わせることです。肩線は前より後ろを長く、アームホールは身頃よりも袖の周りを長くしています。そうすることにより肩は前に出るようになり、アームホールを小さく設計できるようになります。アームホールが小さいということは手が動かしやすくなるわけです。しかしながらこの作業には人の技術が必要になるので、手作業が入れば入るほど、気安い服が出来るわけです。

仕立ての種類

ベーシック仕立て

58,000円以下の商品に標準となる仕立てです。いわゆるイージーオーダーというもので、基本的にマシンメイド、型紙は工場の多数あるものから選択し、それを基本にデザインの選択、補正を行なっていきます。イージーといってもパターンオーダーと違い、デザイン、補正もそれなりにできます。ただし、芯地は部分接着芯のしっかりしたものなので、今風な軽い服にはやや不向きです

クラシック仕立て

65,000円以上の商品に標準、それ以下にはオプション設定となる仕立てです。基本はマシンメイドですが、要所には手作業をいれて着やすい服になっています。シルエットもイタリアの高級既製服など研究し尽くしており、非常に洗練されています。また芯地も軽量本毛芯を使用しており、非常に軽く仕上がります。型紙は工場にあるものをベースとはしますが、デザイン、補正とも出来ないことはないくらい自由にできます。

フルハンドメイド仕立て

いわゆるビスポークで、型紙作成から縫製、仕上げまで全て手作業で、一着ずつ行なっていきます。もちろん仮縫いは必須で、ミリ単位の補正をこと細かに行ないます。仕立てをする職人は大阪の名人、佐々木氏にお願いしておりますが、高齢のためあと数年でこの方の服は着られなくなります。このマシンメイドとは別次元の着心地をぜひ体験してみてください。100,000円のオプション設定です。